5月17日、18日の開室日

福島復興心理・教育センターの次回開室日は、2014年5月17日(土)18日(日)となります。

1)コミュニティ・カレッジ リレー講演の第9回を、5月18日(日)の10時より開催します。
今回は、森田療法研究所・北西クリニックの北西憲二先生をお招きし、「森田療法によるトラウマ治療−喪失と生成の観点から−」と題し、講演を行います。北西先生は、日本が生んだ心理療法である森田療法の第一人者でいらっしゃいます。森田療法によるトラウマ治療の基本的な考え方についてわかりやすく講演いただきます。

リレー講演 チラシはこちらから

2)18日(日)13時30分より、”心を拡げ、奥深く、逞しくする対話法 コミュニティカレッジ 心理学コース2「精神分析的対話コーチング」 ” を開催します。対話力は、見えないストレスを発見します。重いストレスを軽くします。そして しなやかな心の筋肉を育てます。 この対話力を磨くワークショップです。高校生から大正生まれまで、社長さんから学生さんまで、どなたにも参加いただけます。

精神分析的対話コーチング チラシはこちらから

3)毎回の開室日定例のサポートグループは、18日(日)13時より開催します。気持ち、思いを語り、ストレスの荷降ろしをし、心の元気をたかめましょう。サポートグループって何?と疑問・関心をお持ちの方、まずはチラシの説明をご覧ください。そして、実際にお越しいただき、体験してください。

サポートグループ チラシはこちらから

4)12日(土)には、「積み木遊びの心理学」を開催します。遊びが心にどんな影響をもたらすのか体験できるワークショップです。久しぶりに童心に帰って遊んでみたい皆さん、子どもの遊びをもっとよく理解したい皆さん、どんな方でも構いません、ご参加をお待ちしております。

積み木遊びの心理学 チラシはこちらから

 

小さなお子様連れの方も歓迎いたします。講演やプログラム時間中、当センターのスタッフがお子様をお預かりすることができます。(事前にご連絡頂けますと準備をすることができるので大変助かります。)

多くの皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております。